サイトポリシー

社会人の長期休暇事情

薬剤師の長期休暇は取得しづらい

休暇事情を考えよう

当サイトを閲覧いただきまことにありがとうございます。現代社会の休暇事情に関することを一緒に考えていきたいと考えています。お問い合わせは【当サイトメールフォーム】まで

人員が少なく長期休暇が取りづらい薬剤師

人員が少なく長期休暇が取りづらい薬剤師

薬剤師の長期休暇

薬剤師は医療業界の安定した職のひとつであり、恵まれた労働環境が形成されやすいといえます。そして残業も比較的少なく、休みを取りやすい環境であるともいえます。しかし、長期休暇を取得しやすいかどうかという点に関しては難しい点があります。
社会人として土日祝日以外で休暇を取得することは気が引けてしまうものです。そして長期休暇を取得することを考えた場合は余計に言い出しづらいものです。気が引けてしまう理由として、長期休暇を取る際の職場の人たちに自分の穴埋めを考えてしまうことによりますが、薬剤師に関しては穴埋めしてくれる人員がそもそも少ないのです。

他の職業の場合

勤務している職場が土日祝日が休みの場合、さらにその公の休みを挟んで5日程度の長期休暇を取得する場合は実質普段の勤務日にプラスして2〜3日間の休みをもらうことになります。この場合は他の同僚に仕事を頼むことも比較的容易ですし、上司にも休みを認めてもらいやすいです。
では、1週間以上の長期休暇を取得することを考えた場合はどうなるでしょうか。薬剤師以外の職場でも認めてもらうことはなかなか難しいといえます。しかし、長期の休みの前に自分の仕事を整理して、自分が休んでいる間に誰かにカバーしてもらう仕事を簡潔にこなしやすい状態にした場合は認めてもらうことも十分可能です。

薬剤師の1週間以上の休み

では、薬剤師が1週間以上の長期休暇を取得することを考えてみます。結論からいってしまうと、かなり難しいといえます。他の職業では自分が休んでいる間のカバーを頼むことは工夫次第でどうにでもなりますが、薬剤師に限っては自分の専門的な知識、スキルで仕事をこなすためそもそも仕事を頼める相手がかなり限定されます。
さらに小さな調剤薬局だとこの傾向は余計強く、土日出勤も珍しくない職場ですので、長期休暇を取得することは不可能と言っていいかもしれません。ドラッグストアといった職場もこの傾向があります。どちらも少人数で仕事を回しており、自分の他に仕事を任せられるといった同僚は限られていることがわかります。このような特徴から多くの薬剤師は1週間以上の休みを取得することは他の職場に比べると難しいといえます。

休暇への不満

薬剤師の勤務上の不満には土日出勤に関する不満や、有給の取得といった休暇に関するものが多く挙げられています。薬剤師が働ける職場は薬局ひとつに限られているわけではありませんし、人によって様々なワークスタイルがありますので、休暇をとても大切にしたいと考えている人は転職を視野に入れてみても良いかもしれません。