サイトポリシー

社会人の長期休暇事情

現代社会の長期休暇に関して

休暇事情を考えよう

当サイトを閲覧いただきまことにありがとうございます。現代社会の休暇事情に関することを一緒に考えていきたいと考えています。お問い合わせは【当サイトメールフォーム】まで

Topics 有給休暇を有意義に過ごすには

  • サイトポリシー

    サイトポリシー

    当サイトのサイトポリシーを明記しています。個人情報の取り扱い、管理に関すること。ご利用いただく際の推奨環境。そして当サイトへのご意見、ご要望、ご質問に関する問い合わせ先を記述しています。個人情報ですが、サイトを通じて勝手に閲覧いただいた方の情報を得ることはありませんのでご安心ください。お問い合わせいただいた際にいただいた個人情報等を指します。当サイトをご利用いただく際はこちらのサイトポリシーをご参考ください。
  • 有給休暇の現状

    有給休暇の現状

    日本の有給休暇の取得率は過去27年間で変化していません。約30年前というと高度経済成長期が終わった頃、いわゆるバブル崩壊後から変化が見られていないということになります。取得率の数値としては50%となっており、この数値は他の先進国に比べると低い値となっています。これは有給休暇を取得しづらいという環境と、取得しても休日に明確な目的がないので取得しないという2つの背景があります。日本の有給休暇に関する事情について触れていきます。
  • 長期休暇をどうやって過ごす?

    長期休暇をどうやって過ごす?

    長期休暇の過ごし方は迷われる方がいると思います。特に日本ではなかなか長期の休暇を取得すること自体珍しいため、どのように過ごして良いかがわからず、ぼーっとして終わってしまうということもありますよね。しかし、これでは実際に過ごした休日を振り返るともったいないような気がしてしまって後悔する可能性があります。長期休暇の過ごし方の参考例を挙げながらおすすめの過ごし方をご紹介しますので、迷われる方はぜひチェックしてみてください。
  • 職場によって事情も様々

    職場によって事情も様々

    一概に休暇を取得しづらい日本といってもくくりがとても大きいので、中には取得しやすい職場もあります。もちろん逆に取得しづらい職場も存在しています。取得しづらい理由には取得しづらい会社の雰囲気などが多いようですが、この取得しづらい雰囲気を作る背景には人員不足や自分の代わりがいない職場ということがあります。看護師や薬剤師がそれにあたり、もし自分が目指す働き方とギャップを感じるのであれば、転職も視野に入れることをおすすめします。