サイトポリシー

社会人の長期休暇事情

有給休暇を使って長期休暇を取れない理由

休暇事情を考えよう

当サイトを閲覧いただきまことにありがとうございます。現代社会の休暇事情に関することを一緒に考えていきたいと考えています。お問い合わせは【当サイトメールフォーム】まで

有給休暇が取りづらい理由

有給休暇が取りづらい理由

サラリーマンの悩み

「青い空、青い海がある南国のビーチでのんびり過ごしたいな」、「温泉に行って、日ごろの疲れを取りたいな」と思っているサラリーマンの方は多いのではないでしょうか。旅行やバカンスまで行かなくても、「今日は家でゆっくり休みたいな」と思っている方は沢山いると思います。しかし、有給休暇を取得しにくいと悩んでいるサラリーマンの方が多いです。正直、今の日本の企業ではなかなか公休にからめて有給休暇を取得し、長期休暇を取得する環境が整っていないのが現実ではないでしょうか。

業務が回らない?

日本は他国と比べて労働時間が長いと言われています。その原因は様々あると思いますが、一つを取り上げるとするなら、従業員一人あたりの業務量が多いということが上げられます。一生懸命働いているのに、一日の定時業務時間内には終わらず、日増しに業務が溜まります。その状況の中で、もっと有給休暇を取得したいと思う従業員は少ないと思います。自分が休めば、他人に迷惑が掛かる。休み明けの仕事はもっと業務が溜まっておりやる気が出なかったりします。こういう罪悪感などが有給休暇取得ができない理由として挙げられると思います。

有給休暇取得はKY?

有給休暇を取得する時、基本的に直属の上司に申請または希望を出します。ただ、企業、人によっては「働くことが生きがい」という雰囲気が蔓延している場合があります。そのような雰囲気では「私、来月に旅行へ行くので有給を使います!」とはなかなか言いづらいですよね?それが気にならない人もいると思いますが、多くの人が言い出せない状況だと思います。こういった風潮や上司の機嫌で、有給休暇取得は左右されることも多々あります。

仕事とプライベート

労働基準法では有給休暇の所得には「休む理由は問わない」と規定されています。規定されていなくても、仕事とプライベートは別と考えている人も多いですが、有給休暇を取得する際に理由を細かく聞いてくる上司がいると思います。そういう状況では有給休暇を取得する人が減るのは至極当たり前です。中には、有給休暇を取得しただけで、「やる気がない」などマイナスなレッテルが貼られるケースもあります。上司との信頼関係を築くことも有給休暇所得向上には必要なことだと思います。

ブラック企業

企業に必要なのはお金よりも人だと思います。ですが、「ブラック企業」といわれる企業が未だに存在します。これらの企業の共通点は「従業員は駒」という風潮があります。1人やめても1人補完する。このスタイルが根付いている企業には注意しましょう。大量採用、大量離職している企業にはこのようなスタイルが根付いている可能性が多いです。サラリーマンとして働くことはつらいことも多く大変ですが、労働環境の改善に努め、無理なく働いていきましょう。