サイトポリシー

社会人の長期休暇事情

長期休暇を取るための有給休暇事情

休暇事情を考えよう

当サイトを閲覧いただきまことにありがとうございます。現代社会の休暇事情に関することを一緒に考えていきたいと考えています。お問い合わせは【当サイトメールフォーム】まで

有給休暇の現状

現状の日本の有給休暇の取得率は高いものではありません。高ければ高いほど良いのかということに関しては難しいですが、高ければ高いほど労働者に関しては休みたい時に休むことが可能な労働環境であることは間違いありません。つまり取得率が高いということは労働者にとってはとても良い環境になっていることがわかります。取得率が他の先進国と比べて低い日本では有給休暇を消化するということにまだまだ抵抗があり、会社よっては取得することをためらってしまうような空気となっていることがあります。

  • 日本の有給休暇取得率

    有給休暇を取得している割合を表す有給休暇取得率という数字があります。高ければ高いほど、有している有給休暇を消化しているというデータです。日本はここ27年間のデータとして連続で50%を横ばいに推移しています。つまり27年間日本で有給休暇を取得する人の割合に変化はないということがわかります。ではこの50%という数字は高いのか低いのかという点ですが、これは他の先進国と比べるととても低い数値となっており、また、職場によっては全く消化できておらず、50%よりも大幅に低い会社も存在しています。

    日本の有給休暇取得率
    もっと読む
  • 有給休暇が取りづらい理由

    日本は他の先進国と比べると有給休暇が取りづらいとされています。その数字は取得率を見ても明らかです。では日本でなぜ有給休暇が取りづらくなっているのかを考えてみましょう。その理由の一つに、有給休暇を取得する場合は直属の上司に有給休暇を申請することがあります。これによって上司と良好な関係を築けていれば良いですが、中には上司の機嫌を伺ってしまったり、怒られた後なので有給休暇の申請を出すと小言を言われてしまうといった理由で申請を出すことすらできないケースもあります。

    有給休暇が取りづらい理由
    もっと読む
  • 有給休暇を有意義に過ごすには

    有給休暇を実際に取得して「休みを満喫するぞ」となった際に、日本人はもともと休むことが上手ではないとされていますので、悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか。日々の仕事で疲れが溜まってしまい、休日はいつも寝ていたら仕事の日が来てしまうという人も、せっかくの有給休暇ですので普段と違うことをして楽しみたいですよね。そこで、せっかく休むなら充実した休日だったと思えるように過ごし方をよく考えましょう。

    有給休暇を有意義に過ごすには
    もっと読む
  • 知りたい!有給休暇にまつわる制度について

    賃金が支払われる休暇である有給休暇。労働基準法第39条に定められており、心身の疲労回復や豊かな生活を実現することを目的とした、労働者のための権利です。しかし、世界的に見ると日本の有給休暇取得率は低く、与えられた権利を上手く使えていない人は少なくありません。そこで新たに誕生したのが、有給休暇の義務化。取得義務のある労働者に、年に5日の有給取得を取得させなければならない制度のことを指します。ワークライフバランスを大切にするためにも、有給休暇制度について理解を深めておきましょう。

    知りたい!有給休暇にまつわる制度について
    もっと読む